京都在住者のためのマニアックな「人・場所・物・グルメ」情報

京都マニア

Translate:

金閣寺周辺

金閣寺周辺の観光スポット8選!京都在住者から見た魅力を解説!!

更新日:

金閣寺周辺の観光スポット

ゲストハウス女将のオススメはここ!

金閣寺が京都を代表する名所ですが、周辺にも様々な観光スポットがあります。
金閣寺周辺の観光スポットをおさえておくことで、効率的に観光をすることができます。
また金閣寺以外の場所を知ることで、より京都観光を深く楽しむこともできます。

京都はそもそも京都駅を中心に四方に有名観光スポットがありますが、1日を金閣寺周辺に費やすのもおすすめです。
今回の記事では金閣寺周辺の観光スポットを8つ紹介します。

どこも見どころの多いおすすめの名所となっています。
金閣寺と併せてぜひとも訪れてみてください。
きっと新たな京都の魅力を知ることができます。

わら天神宮(敷地神社)

わら天神宮(敷地神社)

わら天神は、その正式名称を「敷地神社」といいます。
基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都市北区衣笠天神森町10番地
電話番号:075-461-7676
受付時間:8時半より17時まで
金閣寺からの距離:900m
所要時間:徒歩10分
拝観料:無料

わら天神は京都を代表する安産祈願スポットです。
わら天神は「木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)」を祀っています。
木花開耶姫命は非常に美しい容姿をしており、天孫 邇邇藝命(ににぎのみこと)の子として燃え盛る炎の中で3人の神様を産みました。

このように苦難の中で強い子を産んだ木花開耶姫命が祀られていることから、わら天神は安産祈願スポットなのです。
ちなみに「わら」の由来については、神様への供物の入れ物として稲のわらで編んだ籠が使われていたことに由来しています。

その後、安産を願う妊婦に抜け落ちたわらを与えるようになり、今に至ります。
現在は安産祈願のお守りの中にわらが入っており、それに節があると男の子が生まれ、節がないと女の子が生まれると言われています。

安産祈願のスポットではありますが、京都に古くから根付いた神社であるため多くの人に訪れてほしい場所です。
素朴で昔ながらの京都の雰囲気が楽しめます。

平野神社

平野神社

平野神社の基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都府京都市北区平野宮本町1
電話番号:075-461-4450
受付時間:6:00~17:00
金閣寺からの距離:1.3km
所要時間:徒歩15分
拝観料:無料

平野神社は創建が794年と非常に古く、桜の名所です。現在は境内に50種400本の桜が植えられています。
桜の時期に訪れると、一度の訪問で様々な桜を見ることができます。
また西大鳥居から本殿に向かう道には夜店が並びます。

さらに拝殿でコンサートが行われ、京都で桜を見るために外せないスポットとなっています。
具体的に平野神社には例として以下の種類の桜があります。

・魁桜(さきがけさくら)
・寝覚桜(ねざめさくら)
・胡蝶桜(こちょうさくら)
・嵐山桜(らんざんさくら)
・虎の尾桜(とらのおさくら)
・平野妹背桜(ひらのいもせさくら)
・御衣黄桜(ぎょいこうさくら)
・松月桜(しょうげつさくら)
・手弱女桜(たおやめさくら)
・突葉根桜(つくばねさくら)

ここまで多くの種類を一度に楽しめるスポットなので、是非とも桜の時期に訪れてください。

北野天満宮

北野天満宮

菅原道真が祀られている北野天満宮の基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都府京都市上京区馬喰町
電話番号:075-461-0005
受付時間:5時~18時
金閣寺からの距離:2.2km
所要時間:バス6分&徒歩11分(徒歩26分)
拝観料:無料

創建は947年にさかのぼり、学問の神様である菅原道真が祀られています。
また菅原道真が祀られている神社は全国の1万以上ありますが、それらの総本社としても有名です。

学問の神様の総本社であるため、受験を控えて学生などに人気が高い神社となっています。
また梅と紅葉も美しく、季節によって訪れた際の印象も大きく異なります。
さらに毎月25日は縁日が催され、境内には多くの出店が並びます。

タイミングが合えば是非とも縁日を楽しんでみてください。

瑞応山 大報恩寺(千本釈迦堂)

瑞応山 大報恩寺(千本釈迦堂)

大報恩寺は真言宗系のお寺です。そのため金閣寺とはまた違った鋭い雰囲気を味わうことができます。基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都市上京区七本松通今出川上ル
電話番号:075-461-5973
受付時間:9:00~17:00
金閣寺からの距離:1.8km
所要時間:徒歩21分
拝観料:600円

本堂は国宝に指定されており、創建当時の姿が残されています。
また本尊の釈迦如来像は重要文化財に指定されています。
このように大報恩寺は美術鑑賞の視点からも価値の高いお寺となっています。

12月7日および8日は大根炊きという病除けの行事が行われ、地元の人を中心に大きくにぎわいます。
こちらもタイミングが合えば是非とも参加してみてください。
京都の地元の行事を知る良い機会となります。

船岡山公園(建勲神社)

船岡山公園(建勲神社)

24時間いつでも立ち入ることのできる船岡山公園は季節の花を楽しむことのできるスポットです。
基礎情報は以下のとおりです。

住所:北区紫野北舟岡町42他
電話番号:075-882-7019
受付時間:見学自由
金閣寺からの距離:1.5km
所要時間:徒歩18分
拝観料:無料

敷地が56,200平方メートルと非常に広く、敷地内のいたるところに季節の植物が植えられています。
また公園を上っていくことで頂上からは京都の市街地を一望することができます。
こちらは夜景も綺麗ですよ。

建勲神社は織田信長の偉業をたたえて明治天皇が創建したもので、公園内にある船岡山の山頂にあります。
船岡山公園を訪れた際は是非とも参拝してみてください。

大徳寺

大徳寺

一休さんともゆかりの深い大徳寺は金閣寺と併せて是非とも訪れてほしいスポットです。
基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都市北区紫野大徳寺町53
電話番号:075-491-0019
受付時間:境内見学自由
金閣寺からの距離:2.1km
所要時間:徒歩25分
拝観料:無料

大徳寺で見逃せないのが法堂です。
こちらは重要文化財に指定されており、天井に狩野探幽による「雲龍図」が描かれています。
そして、こちらの龍は鳴くのです。

というのも法堂内で手を打つと、まるで龍の鳴き声のような不思議な反響が起きるのです。
これをして「天下一の鳴き龍」とまで呼ばれているのが法堂です。

しかし法堂は普段は外部のみ見学することができます。
内部公開は年によって異なりますが、概ね9月下旬から10月上旬に行われます。
あなたも是非とも法堂内で手を打ち、龍の鳴き声に耳を傾けてみてください。

龍安寺

龍安寺

石庭で有名な龍安寺は金閣寺と共に世界遺産の一画をなしています。
基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都市右京区龍安寺御陵下町13
電話番号:075-463-2216
受付時間:8:00~17:00
金閣寺からの距離:1.6km
所要時間:徒歩20分
拝観料:500円

龍安寺は一か所からでは絶対に全ての石を見ることのできない石庭があまりに有名です。
しかしこの石庭の制作者や製作意図は未だに解明されていません。
そのためどこかミステリアスの雰囲気の漂うお寺です。

禅寺らしく詫び錆びを感じさせるシックな造りであり、とても落ち着きます。
一方で季節の植物が植えられた境内は、季節により華々しく彩られます。
こういったコントラストも龍安寺の魅力の一つとなっています。

仁和寺

仁和寺

皇室と深いゆかりを持つ仁和寺は888年に建てられました。
基礎情報は以下のとおりです。

住所:京都府京都市右京区御室大内33
電話番号:075-461-1155
受付時間:9:00~17:00
金閣寺からの距離:2.8km
所要時間:バス9分&徒歩9分(徒歩35分)
拝観料:御殿500円、霊宝館500円、茶室1,000円、伽藍特別入山500円

京都で最も遅く咲く桜といわれている御室桜(おむろざくら)は4月中旬から下旬が見ごろとなっています。
また参道の両脇を彩る紅葉は非常に美しく、秋に訪れるのもおすすめです。

境内には主なものを挙げるだけでも金堂、五重塔、拝殿、観音堂、水掛不動尊、霊明殿、本坊、霊宝館といった建造物があります。
他にもいくつもの建物があり、見どころが満載なのです。
是非ともゆっくりと時間をとって散策してほしいお寺です。

まとめ

まとめ

今回は金閣寺の周辺観光スポットを紹介しました。
中にはバスを使った方が良いものもありますが、多くは徒歩30分以内で訪れることができます。
暑さが和らぐ春や秋に是非とも徒歩で散策してみてください。

特に桜や紅葉が有名なスポットは春・秋に必ず訪れるべきです。
金閣寺と併せて巡ることで、京都の奥深さを知ることができます。

-金閣寺周辺

Translate »

Copyright© 京都マニア , 2019 All Rights Reserved.